スティーブン・ホーキング博士のレガシー(遺産)

ミッチェル・トイズ、スティーブン・ホーキング博士を偲ぶ
カジノオンライン: Youtube.com

スティーブン・ホーキング博士が76歳でこの世を去った。現代で最も卓越した頭脳の持ち主の一人として世界中で知られていたが、彼が素晴らしいのは、虚弱性疾患のため成人になってからほとんど車椅子の生活を余儀なくされていたにも関わらず、それを克服して多大な功績を挙げたことである。 世界中の多くの研究機関がホーキング博士の親族に心から哀悼の意を表している。

しかし、もちろん、ホーキング博士がすぐに忘れ去られることはないだろう。ホーキング博士は生前、科学者、宇宙学者、数学者、天文学者として、宇宙に関する未だ解明されていない多くの謎に対して常に答えを求め続け、世界中の 信念体系を揺るがした。さらに、彼は 大のギャンブル好き で、オンラインカジノでも1、2回ゲームを楽しんだようであり、他の物理学者と 変わった賭けをするのを好んだ。また、彼の執筆した『ホーキング、宇宙を語る』は、非常に高い評価を得て世界で1千万冊以上も販売されている。

逆境と戦う

ホーキング博士が筋萎縮性側索硬化症 を発症したのはまだ彼が 21歳の時であったが、発症間もなく、電動車椅子の生活を余儀なくされることになった。ほぼ全身麻痺の状態で、動かせるのは片手の指数本だけであったが、博士はその指を使って車椅子のコントロールや電子通信コンピューターを操作した。

しかし、発症後もホーキング博士の頭脳は全く衰えず、すぐに学界で大きな功績を挙げた。 彼が唱えた理論や彼が進めた研究は科学の進歩に大きく貢献し、特にアインシュタインの相対性理論と量子論を融合させたことで知られる。彼の研究結果は、宇宙がビッグバンで始まったとしたら、最後は 激変によりブラックホールで終結するということを示唆している。

『ホーキング、宇宙を語る』

ホーキング博士の 最もよく知られた業績の1つは 彼の著書『ホーキング、宇宙を語る』である。この本は世界中で1千万冊以上も販売され、依然として多くの研究機関で研究が続けられている。この本は、宇宙の誕生に関する複雑な理論や研究を扱いながら、理解しやすい言葉でそれを説明していることで有名である。

多数の言語に翻訳されているだけでなくオーディオブックにもなっており、『ホーキング、宇宙を語る』は 科学の研究を志す者にとって、あるいは単に宇宙に関する理解を深めたい者にとっての必読書と考えられている。『ホーキング、宇宙を語る』の書籍はどのような図書館や本屋でも、さらにリアルでもデジタルでも入手可能である。

歴史に名を残す偉人

スティーブン・ホーキング博士は、世界中の学界に大きな影響を与えた明晰な頭脳の持ち主としてだけでなく、逆境に打ち勝って多大な功績を残した人として名を残すだろう。彼の素晴らしい業績は、 困難を乗り越えて可能な限り努力する勇気を多くの人に与えてきた。

有名な物理学者で宇宙学者のローレンス・クラウス氏はツイッターで、ホーキング博士の死を悼んでいる。クラウス氏は「たった今、宇宙で星が1つ消えてしまった。世界は本当に素晴らしい人間を亡くしてしまった」と美しく綴っている。

世界中の各方面の多くの人々が同じようにホーキング博士の死を悼んでいる。

ソース: