ラスベガスに関する変わった面白い話し。

ラスベガスに関する変わった面白い話し。

Las Vegasは、Sin City(歓楽都市)のニックネームが着いています。ここでは夢が叶い、何でも起きる可能性があり、又ここで起きた事はここだけの話で終わると、有名です。ここにご紹介させて頂くいくつかの話は、そんなベガスからの変った面白い、ほんの一部のお話です!

ギャンブルに関する法律

まず初めに、ベガスを訪れた事がある人は誰でも驚く事があります、実は、ネバタ州のベガス以外の地域では、ギャンブルは違法なんです。ラスベガスの中では、空港にも、スーパーにも、ガソリンスタンドにもスロットマシーンが置いてあります。でも、ベガスの街のはずれから40キロくらい離れたところでは、ギャンブルは違法になるんです。街の中だけで合法なのです。

法律関連で、この話と全く逆なのが、売春です。ネバタ州ではベガス以外で、売春が合法です。この州では人口40万人以下の街で、売春が合法とされるのです。ベガスが、莫大な観光名所となった際、ネバタ州に良い収入を提供できるよう、街は洗練された観光客を集める計画の一部として、売春は都市計画からはずす事にしたのです。

ワイルドな夢の為に生きる

上記の法律は別として、ラスベガスはたいてい、何でもできる場所です。ブルドーザーを運転してみたいと思った事はありますか?ベガスに行けば、出来ます。大きな建設機械を運転出来る場所があり、ブルドーザーや、ピックアップトラック、ショベルカーなど、巨大でパワフルな機械の運転を体験できるのです。普段、金曜の夜に遊びに行く場所として思いつく場所ではありませんが、世界他に、こんな事が簡単に出来る場所は無いでしょう。

人生を変えた、おかしい勝利

ギャンブルで度を越してしまった人たちのお話です。さかのぼるは1980年、ラスベガスのある病院、スタッフの大半が定職、そして何人かはクビになる事件が起きました。なぜなら、患者の生死に賭けを行ったからです。更に、一人の看護婦が賭けに勝つ為に、患者を殺したのではないかとの疑いも残りました。なんとも信じられません!

簡単に手に入るものは失いやすい

最後に、頭を抱えたくなるような、お話です。1992年、アーチー・カラス(Archie Karas)さんは、$50をもってベガスに挑みます。一日で40億円まで勝利で資金が膨らみました。なぜ、頭を抱えたくなるのかって?次の日に、アーチーさんは、初めの$50の資金も含み、全ての資金を負けでなくしてしまい、一文無しで家に帰るはめになったのです。