Rhyming Reels オンラインスロット

子供の頃を思い出してみましょう。当時、耳にした全ての童謡を覚えてますか?子供達に教えられる童謡というのは、地理的に基づいて教えられているのをご存知ですか?アメリカの子供達は、ジャックとジルに関して聞いた事があっても、イギリスでは当たり前のGeorgie Porgieのお話は聞いた事が無いというのがその証拠です。

今日でも人気のある童謡の数々、しかしそれらは、1700年代中期まで語られる事はありませんでした、では、それまでは子供達に何が語られていたのでしょうか。きっと、両親に作られた恐ろしいおとぎ話が、しつけと教育の為に語られていたのでしょう。現代でも語り継がれる、有名なマザーグース童話が紹介されたのも、1750年あたりです。

お昼寝

いくつかの子供達のための童謡は、子守唄として誕生しました。子守唄は、子供を寝かしつけたり、あやしたりする為に歌われ、世界各国で多くの歌が生まれいます、海外では、ララバイ(lullabies)とも呼ばれます。「ララ」や、「ルル」という言葉は子供を落ち着かせる為に母親がよく使う言葉であり、「バイ」は、寝かしつける時の、「バイバイ」という意味からで、ララバイと呼ばれるようになったようです。これらのいくつもの童謡が、500年以上時間が経っても、まだ残っているという事は驚異的なことです。現代では、いくつもの童謡がプリントして残されています。又、プリントされ始めた当時、1番初めの歌謡集の1つは、Tommy Thumb氏によるもので、ここに掲載されている童謡は長く、受け継がれるでしょう。

Microgamingは、これらの子供の頃の思い出の事を考えながら、Rhyming Reelsシリーズ、オンラインカジノスロットゲームを作成しました。世界で知られている有名な童謡をベースに、古典的な物語に少しひねりを加えた表現で出来上がっています。

ジャックとジルでの始まり

Rhyming Reelsスロットシリーズで、人気のある3つのゲームに注目してみましょう。またベースとなった童謡と、少し照らし合わせみましょう。まずは、ジャックとジルです。1700年代の古典的なお話で、2人の小さな子供が水を汲みに行き、転んでしまうという、ちょっと変わったお話です。

語りつがれているお話は、こんな感じです:ジャックとジルがバケツに水を汲みに、丘の上にのぼっていきました。ジャックが転び、頭を怪我してしまいます。その跡に続いて、ジルも転んでしまいます。決して陽気な童謡ではないものの、Microgamingは、内容に明るさを加え、ゲーム作成を行いました。このバージョンでは、大人になった、ジャックとジルの登場です。5リール、20ペイラインのこのスロットゲームには、井戸やバケツの水など、物語の登場物が描かれています。その他にも、2人の恋の模様、応急手当セットなどのオリジナルのイメージも描かれています。又、このスロットには、フリースピンボーナス機能、そしてwild が用意されています。

次のRhyming Reelsシリーズを代表する童謡は、古く、親しみのある、Georgie Porgieです。このお話はこんな感じです:Georgie Porgieという男の子は、弱い女の子にはキスして泣かせ、いじめるのに、男の子達がくるとさっさと逃げてちゃった。というもの。Microgamingが作成した、15ペイラインの5リールスロットのこのゲームでは、Georgieは赤毛で、胡散臭い大学生として描かれ、パーティーにてランダムに、女の子にキスする厄介者であるようです。彼を嫌う男の子達がいて、彼らが出現すると、Georgieは逃げていきます。このゲームのボーナス機能はフリースピンを含みます。

この他にも、Hearts and Tarts のようなRhyming Reelsスロットシリーズもございます。このスロットは、クイーン、wild、フリースピンボーナス機能が含まれ、この名、Tartの通り、タルトが沢山出てきます

どうですか?子供の頃の物語をもう一度、思い出してみませんか?Rhyming reelsシリーズ、是非お試しください!